小学生の勉強のポイント

  • 低学年
  • 高学年(公立進学)
  • 高学年(中学受験)
  • 英語

小学校低学年

「楽しみながら勉強すること」、「勉強に楽しさを見出すこと」が重要!

小学生の基礎的な力を育成する大事な時期です。

勉強に拒絶反応をおこさないように、楽しみながら勉強すること、勉強に楽しさを見出すことが 大切です。

特に小学3年生頃になると、算数が好き、嫌いに分かれはじめると言われています。
自分で解ける、楽しいと思えるような授業を受けて苦手意識を なくし、計算が正確に、より速くできるなどの基礎学力を伸ばすことがポイントです。

秀朋塾では

講師と楽しく学習することで、勉強が好きになるように!

●はじめて学校で習う学習内容を個別指導で丁寧に進めます。

●国語では、楽しみながら文章を読み、内容を理解するとともに考える力を養い、また作文や漢字も楽しく学習します。
読む楽しさ、知るよろこびを味わう指導を心がけています。

小学校高学年(4~6年生)公立進学

勉強の習慣づけと基礎学力をしっかりと身につけることが重要!

小学生の間に基礎力をつけていなかったために、中学校の勉強で苦戦したという声をよく聞きます。 小学生の内に身につけた基礎力は、のちの高校受験や大学受験にも大きな影響を及ぼします。

中学校の学習へとスムーズに対応できるように、必要となる勉強の基礎づくりとして、勉強の習慣づけを楽しみながら身につけましょう!

特に5年生の算数はどれも重要な単元です。基礎的な計算はもちろん面積や割合などはそのまま 中学校の内容の土台になる単元です。全部マスターしておきましょう。

秀朋塾では

●小学校のまとめとして、将来の高校受験に必要である読解力・知識力・表現力を身につける よう指導します。

反復学習により、学力の向上と定着を目指します。

●国語では、読解力はもちろん、作文力、漢字力、語彙力を養成します。

●算数では、計算問題や基本問題はもちろん、応用問題まで学習します。各単元の確実な把握と確かな計算力を培います。

小学校高学年(4~6年生)中学受験

早めに受験学力の基礎づくりを行い、無駄のないスケジュール管理が重要!

受験対策としては、模試などを活用して自分の学力を客観的に分析することや、情報収集がポイントとなってきます。

早い段階で受験勉強の基礎づくりを行い、勉強(予習・復習・模試対策)を習慣化することが重要です。
勉強のスケジューリング、目標管理をしっかりと行い、受験に備えましょう。

また、暗記や計算問題を反復学習して定着させ、応用力、読解力を付けることも大切です。
なお、志望校対策(過去問)はもちろん必須です。早めに取りかかり、じっくりと研究しましょう。

秀朋塾では

秀朋塾は、生徒さんとの会話「カウンセリング」を重視していますので、生徒さんが自信をもって安心して入試に臨めるようサポートしていきます。

学習面においては、豊富な問題演習を通じて基礎学力を確認すると同時に、応用力、実践力を高めて志望校合格のための総仕上げを行います。

秀朋塾の「らせん型カリキュラム」や模試を活用して、確実な知識の定着と弱点克服を行っていきます。

学校内容を先取りして学習し、また学校のカリキュラムの積み残しを総括します。
難関・上位の国私立中学に対応するための演習も行います。

英語

一歩早い学習スタートで自信をつけ、得意意識を持つことが重要!

2011年より、公立小学校においても英語授業がはじまりました。

早めに学習をスタートさせることで余裕を持って授業を受けられることから、英語に対して得意意識を持つことが可能になります。

小学校で学習する英単語を習得し、基本文法をしっかり理解することが大切です。

秀朋塾では

小学生英語コースでは、一歩早く余裕を持って学習をスタートさせることよって、授業がよく わかり、英語を得意科目にすることが可能です。

また、中学校でも使える英語を身につけることを目標としています。
授業の予習・復習から英検対策まで対応しています。